ブログ

リハビリデイサービス あおやま スポーツ外傷

logo2

リハビリデイサービスあおやま、ブログ担当青山です。

スポーツ外傷
【説明文】スポーツ外傷
スポーツ中に急激な外力が加わって起きる外傷(捻挫や脱臼、骨折など)のことです。
これらが起こってしまった場合、初期治療が重要ですが、まずは応急処置をしっかり行っておくことが望ましいです。

1)まず安静にする
患部を副木(なければ近くにある本やダンボール、枝など)で固定し、安静を保つようにします。

2)とにかく冷やす
氷やコールドスプレーなどで患部を冷やすことが大切です。

3)高いところに挙げる
患部をできるだけ心臓より高いところに挙げておくのが重要です。

主な症状として
・つき指
ボールを用いるスポーツでよく見られ、指の関節靱帯が損傷することによって痛みや腫れが生じます。

・足関節捻挫
いわゆる「ひねった」「くじいた」と言う状態で、関節の靱帯が損傷することによって痛みや腫れが生じます。

・肉離れ
準備運動が不十分であったり、疲労状態で急激な運動をした際に、筋線維が断裂することによって痛みや腫れが生じます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る