ブログ

リハビリデイサービスあおやまの健康情報

logo2

今週もあおやま鍼灸整骨院グループが健康情報をお伝えします!

鰹のたたきついて

初夏の風物詩の一つとして、テレビなどで鰹の一本釣り漁の映像が流れたりしますね。この季節の鰹は「初鰹」や「上り鰹」と呼ばれ、太平洋を北上していきます。時速60キロで世界中の海を泳ぐ鰹は身が引き締まっていて、脂肪分が少なくたんぱく質が豊富です。逆に9月に南下してくる「戻り鰹」は脂が乗っています。それぞれのおいしさを味わいたいですね。
「勝つ魚」という字が当てられる縁起のいい鰹は、栄養価も高く、滋養強壮に効果があります。まさに勝負の前に食べましょう!血合いの部分に多く含まれる、鉄分、ビタミンA、ビタミンB群、ナイアシンやタウリンは、貧血予防、病後や産後の体力回復などに有効です。切り身を買うときは、血合いの色が黒ずんでいない新鮮なものを選びましょう。
鰹の代表的な料理といえば「タタキ」ですね。高知で頂いた鰹の「塩たたき」は絶品でした。
■ かつおのたたき カルパッチョ風
材料(四人分)
かつおのたたき 1節  にんにくのスライス・すりおろした生姜・刻みネギ 適量
ソース [オリーブオイル 塩・コショウ レモン果汁

作り方
にんにくのスライスはフライパンでカリカリに焼く。
鰹のたたきは食べやすい大きさにスライスして、皿に盛り付ける。

その上に、1のにんにくと生姜、刻みネギを乗せる。
ソースの材料をお好みの分量で混ぜる。
3に4のソースをたっぷりかけて、できあがり。

960ebb12ec7702b58b4c30782df138e1_w

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る