ブログ

勇気を持つ為には

リハビリデイサービスあおやまが心と体に役立つ健康情報をお伝えします!

勇気の持ち方について

なぜ勇気を発揮できないのか。その理由はいくつか考えられます。

まず、ネガティブな考えに囚われてしまうと、なかなか次の行動に移れなくなってしまう。「どうせやっても」「どうせ自分なんて」という取り組む前から否定的な見方をすると行動自体が鈍くなるし、物事にも集中できない。

ネガティブな気持ちを抱えたままだと、懸命に取り組んでいるつもりでも、気分が分散してしまうのだ。

では、こんなときにどうすればいいのか?!

「自分はできる」と思い込み、肯定する言葉を普段から使う。また、できるかぎり感謝の気持ちを持つことも重要だ。心の中心に「感謝」を置くことができれば、人生の姿勢は大きく変わるだろう。

勇気を持つために必要なことは「見通し」

もう一つ、勇気が湧いてくるために必要な事を紹介しよう。

それは将来の見通しを持つことだ!!完結のイメージが描ければ、「大変だ、しんどい」ということも乗り越えようと思えるはずだ。

ただ、その見通しは成功体験から生まれるもので、動かなければ現実は変わらない。動かないと「次はこうしよう」ということもイメージできないので、最初は小さな見通しを立てるところからスタートするといい。

その見通しは、「今日の午前中にこの2つのタスクを完了させる」くらいでいい。計画通りに進めば次の見通しにつながるし、予定通りに進まなかったとしても、「次はこうしよう」と判断材料が増える。

勇気を持つには、意図を持って行動すること。見通しをつくり、打つべき手が見えてくれば、次々と行動が連鎖していく!!

少しずつ出来ることを増やしながら勇気をつけて行きたい❗

あなたは出来る!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る